2018年9月23日日曜日

中高オープンスクール



9月23日(土)


中高オープンスクール
ありました。











中学生や小学生への
クラブ体験も行われて
30名のみなさんが
部室を訪れてくれました。













いろいろなクラブが、体験を
募集しましたが、1番多くの
人が管弦楽部に体験に
きてくれました!













管弦楽部の体験はいつでも
OKですよ。



ぜひ連絡をください!
















そうそう、
管弦楽部の夏用ポロシャツ
今日デビューしました。

部の旗と同じ色で作成しました。














部員たちの評判も良し。
胸には、ペンギンマーク。
腕には、一音入魂が刺繍。


















中学生・小学生の中には、
定期演奏会を見に来て

いただいて、それでファンに
なって、訪れた人もいました。
















そして、最後に行ったのは・・・


参加してくれた人と、管弦楽部員、
で、『風になりたい』を大合奏!!






演奏の模様はこちら

https://www.instagram.com/p/BoDQiYvhzQY/?utm_source=ig_web_copy_link







吹奏楽部員の人も、オーケストラで
演奏すると、みんな感動して
帰ってくれます。















≪吹奏楽とは、迫力が違う!≫って。

私も、弦楽器とその中に混ざる
管楽器・打楽器の魅力で、
もう吹奏楽には戻れません。












やはり、吹奏楽とは一味違う、
弦楽器のふくらみ・響きが、そう
思ってもらえるのだと思います。















今回のクラブ体験で、山女オケの
仲間が増えてくれればいいなと
思います。












クラブの特待生制度もあります。

くわしくは・・・
顧問までご連絡ください。














全国大会のための審査録音
連休中に行います。

みんなも顧問も必死です!













管弦楽部のみんなが、さらに
成長して、10月から始まる
大会・本番へと挑戦して


変身していってほしいと思います。

2018年9月14日金曜日

期末テスト週間。今年の全国大会候補曲は?


山女は前期末テスト週間に入ったため、
クラブ停止期間になりました。





「感動する演奏は
    感動する練習から」










ここまで少ない人数の中、夏期合宿
など、新体制で懸命にやってきました。












さて、今年の全国大会の
候補曲ですが・・・













毎年、その代に合うような曲で、
1年間かけてみんなが1つに
なれる曲を探すのに苦労します。













昨年は、史上最高に難しい
「ラフ2」を見事にやりきりました。


新しくビデオ撮影業者を会場に
入れて、📷3台で撮影して、
DVD、ブルーレイ制作。










この前、デモDVDを見てサウンド
チェックをしましたが、いいものに
なってきそうで楽しみです。









交響曲は作品そのものが物語です。
その物語に、管弦メンバーが挑む、
それがまた物語を深めていきます。










だから抜粋ではなく、第1楽章から
第4楽章までのプロセスがやはり
重要なのです。











今年の高2達も、「ラフ2」
の成功を体験して、早いうちから
交響曲全曲演奏にこだわって
いました。











顧問が、4曲の候補曲を出して、
高2達が悩んで出した結論は・・・

◆R.スミス作曲 「嵐の中へ」

◆A.ドヴォルザーク 
 「交響曲第8番」より第4楽章












「嵐の中へ」は、吹奏楽の曲で、それを
逆に管弦楽版に編曲した、打楽器が大活躍
する曲。


そして、ドボルザークの「交響曲第8番」
4年前に一度チャレンジした曲。
チェロはもちろん弦楽器の名旋律や、
管楽器ののどかで柔らかい名旋律。
魅力いっぱいの曲です。








とても、難しいですが・・・。
最高に厳しい道になることは、
わかっているはずなのに・・・。
また困難に立ち向かいます。









1年たった後、全員が成長を
感じ取れる曲です。後悔しない
1年にしていってほしいです。










楽しい時は 自分の短所を見直せ
つらい時は 自分の長所を生かせ





また長く、濃く、深い1年を
この交響曲とともに歩みます。







全員が同じ方向を向いて、
山女オケしかできない演奏を
あきらめることなく追及して
いってほしいものです。









期末試験が終わったら、
9月22日がOS.

クラブ体験できます!










そして、23~26日で
全国大会審査録音です。

10年連続は達成するのか?










そして、新体制デビューとなる
演奏行事が9月29日(土)


しかもダブルヘッダー!
素晴らしいスタートにしたいです。










9月29日(土)

11:50~ 施設鈴が峰 演奏会

14:45~ チューピーまつり
                   (市民球場)












2018年8月25日土曜日

夏休み中の山女オケ。変化あり!



7月半ばに、高3生が引退し、
新体制となった山女オケ。














合宿でも、さまざまなOGたちから
あたたかく厳しい喝をうけながらも
何とか前を向こうとする意識が
感じられました。










夏休みももう終わりですが、この
1週間ずっとクラブに付きっ切り。
合奏・セクションを
しまくって伝えたつもりです。












いろいろな変化も感じられ、
高2・高1・中、それぞれに
ロマンが感じられました。












この中で気づかされるのは、
努力したことは必ず報われる
ということです。












今回の第8回からビデオ業者を
切り替えたので、今デモDVDを
チェックしているのですが、
高3の人たちの目がいいです。











主体学年になる前は、頼りなかった目が
定期演奏会では、常に前を目が向いて
強い意志を感じます。











特に、コンミスのYさんはおとなしい
性格ですが、常に私の棒を見て合わせ、
みんなにザッツを出すという意志が
あふれた目をしていて見直しました。








この思いを持った高3生が抜けて、
また1から始めています。
去年もこの時期本当に悩んで運営
していましたが、
今年はもっと厳しくなるでしょう。











このままでは、山女はおいて
いかれる。
その不安感でいっぱいになり、
もっと自主・自立したクラブ
づくりをしたいと考えました。










「感動する演奏は
   感動する練習から!」















感動を伝える演奏をするには、
それをできる技術がないと
できません。













気持ちがあっても、それを成し遂げる
技術が必ず必要。そのためには、
それに見合う練習をするしかない!
















みなさん、
新生の山陽女学園管弦楽部を
応援お願いします。






2018年8月19日日曜日

クラブ体験会 第2弾


19日(日)

クラブ体験会第2弾を実施
しました。











今回は、弦楽器・管楽器ともに
経験者の人が来てくれました。














吹奏楽部での楽器を吹くのと、
弦楽器をふくめたオーケストラと
では、全くイメージが違うようです。














という私、顧問も、もう吹奏楽の
世界には戻れません。














1度、オーケストラの魅力を知って
しまうと・・・弦楽器の中で管楽器を
吹く魅力を知ってしまうと、もう
ダメですね。














来てくれた人たちも、楽しんでくれて、
魅力を発見したようですよ!












ほかにも楽器を体験したい人。
オーケストラの魅力を体現したい人。
山女オケのファンになってくれる人。












管弦楽部では、随時クラブ体験を受付て
おります。

詳しくは、クラブHPから
お申し込みください!








中高オープンスクール

9月23日(土) 中高オープンスクール が ありました。 中学生や小学生への クラブ体験も行われて 30名のみなさんが 部室を訪れてくれました。 いろいろなクラブが、体験を 募集しましたが、1番多くの ...