2014年12月31日水曜日

2014 全国高校選抜オーケストラフェスタ遠征記 PART1


みなさん、もう大晦日ですね。


帰省されている人、掃除をされている人、
いろいろいらっしゃるとい思います。





さて、私たち山女オケは、
12月26日~28日の2泊3日で、
全国大会のため東京遠征して
きました。










とても疲れました。。。(汗)





昨年も好評であった全国遠征記

なんとか、今年も綴ってみたいと思います。

3回に分けてレポートします。








なお、今回使っている写真は、、、すべて
副部長のKさんや、演出係のTさんなど、
すべてクラブの部員が撮ったものを使用
しています。



ずっとカメラを渡したままで、一生懸命撮って
くれました。




お疲れ様でした!



27日(金) (全国大会1日目)


6:45 広島駅 集合



早い集合時間でどうなることか・・・と
思いましたが、5分前には、全員が
所定の場所に集合。



まずは優秀です。






スケジュールや注意事項をいう
部長Hさん、
点呼をとる副部長Kさん


2人の声が、
なにか凛としていて成長を感じました。








7:00 広島駅発の「のぞみ」に乗車。





途中、富士山がきれいに見えました。
いつも、車窓から見える富士山は楽しみです。
頑張ろう!と思わせてくれます。




10:56 品川駅 到着。



途中、雲が厚く、小雨が降る中、新幹線は、
とくに異常もなく、到着。





貸し切りバスに乗り込み、いざ会場の
日本青年館に向かいます。

途中、真正面に東京タワーが。

部員たちも、東京にきたことを実感した
ようです。







11:50 日本青年館 到着。



6年連続、この場所にやってきました。

日本青年館 大ホール


日本の高校オケの甲子園といわれる場所です。






もうすでに、全国から集まった高校生たちで、
会場は大盛況!






この「全国高校選抜オーケストラフェスタ」
21回目。今回も、4000人ほどの全国の
オーケストラの仲間たちがこの地に集まります。









また、来年にはこの日本青年館ホールが
建て替えになるそうで・・・。

よって、この建物で演奏するのは最後!

3年後には、今より大きく機能的な
ホールに生まれ変わるとのこと。
楽しみです。








荷物置き場に楽器などを運び入れ、
まずは他校の鑑賞。



自分達の発表だけでなく、他校の演奏を聴く
ことが、この大会に参加する意義でもあります。




オーケストラだけでなく、弦楽合奏なども聴けます。

また、さまざまなオーケストラの曲を聴けることで、
定期演奏会に乗せる曲のアイデアも得られます。





そして、何より全国のすばらしい
オケの演奏を聴くことで、自分達の
強み・弱みを知ることが、ものすごい
意味のある有意義なことだと考えるのです。










 
15:30 リハーサル室に入室。



本番1時間前。
リハーサル室にはいりました。

リハーサルの持ち時間は20分のみ。






その間に、音出しとチューニング、
最終合奏を組み込まねばなりません。


今日は、朝から全く楽器に触っていません。
しかも全国の舞台、緊張しないわけが
ありません。






時間の使い方には、顧問の私でも迷います。

音出し主体チューニング主体か?









インスぺクターKさんが、コンミスのUさんと
話し合って、私の前に来て・・・


私と全く同じ考え方で、彼女は一番両方を
成し遂げられる時間設定を提案してきました。
成長してくれたと思いましたし、同じ考えが
できることに誇りを感じました。








チューニング・最終合奏を終えて、
私が最後に全員に言ったことは、


「50人が90人のオケに勝つためには、
1人1人が倍の想いと音を引き出せば、
必ず訴えられる。




 

現に、さっき聴いていた団体でも、数が
少なくても説得力があって、みんなの
関心を引いていたじゃないか。






 
一体感と統一感。これが山女の原点。


想いを音と和音に集めて、全員の力で
全国の聴衆に山女の力を見せつけよう。」








みんなの大きな返事が部屋いっぱいに
響き渡りました。


きっといい演奏になると感じました。





さあ、本番です。


続きは、PART2にて・・・。