2013年12月11日水曜日

2回のクリスマスコンサートで進化できるか?



今は、2回のクリスマスコンサート、そして
その後に控える全国大会にむけて練習
しています。





















12月14日(土) 14:00~、15:00~
           メリイハウス八千代 クリスマスコンサート

12月21日(土) 17:30~
           アルパーク クリスマスコンサート





全国大会でのメイン曲である、ショスタコの
交響曲第5番ですが、譜面をさらうことは
できています。



山梨遠征を乗り越えたことは部員にとって、
かなり大きなステップになっていると思います。




でも、ここからが大変なのです。


譜面はさらえていたとしても、ユニゾンの音色、
音程や、管と弦の融合は、まだ完全ではあり
ません。





また、聴いている人に訴えるだけの集中力・
響きまで、意識がまわっていません。

もっと、体全体からほとばしるパッションが、
オケから出ないものか・・・?

日々、悩みぬいています。







もちろん、クリスマスコンサートを開くわけですから、
交響曲だけやっていればいいというものでは
ありません。




たとえば、メリイハウスは高齢者の方が多く、
「ふるさと」などの誰もが知っている曲も演奏
します。

また、アルパークは、高齢者~子どもまで
幅広い年齢の方がこられるので、ダンスビートの
明るい曲や、ポップスも演奏します。






全国大会とは関係ない音楽も練習しないといけない
ので、どうしても時間がたりなくなってしまいます。



でも、こういったポップスや童謡などを練習することで、
シンフォニーを演奏するヒントや、感覚を得ることも
できるので、決して無駄はありません。





高齢者の方へも、
また、ショッピングセンターを歩いている
だけの方へも・・・

伝わる演奏、影響を及ぼせる演奏、
説得力のある演奏をしないといけないのです。







そのためには、1つ1つのフレーズや和音において、
自分はどのような役割なのか、誰が仲間なのか、
もっとお互いを知ることが重要だと思います。





そのためには、練習あるのみ!

甘えないで練習し、喧嘩してでも、
1つのものを作り上げたときの感動が、
すべて打ち消してくれます。

そこまでの気持ちを持って、曲に向かい
合ってほしいと思います。





全国大会まで、あと2週間!

あっという間に時間は過ぎていきます。





山女オケが、日本で指折りのオケになり、
海外公演ができるくらいの技量・意識に
なってほしいと思います。


そして、何よりかけがえのない仲間を大切に、
リスペクト(尊敬)しあって、1つの曲に命を
吹き込んでほしいと思います。