2015年3月2日月曜日

祝! 10期卒業!

3月1日(日)、山陽女学園高等部の第67回卒業式が、
さくらぴあ大ホールで行われました。





管弦楽部の、10期21名も巣立って
いきました。


10期は21名。管弦楽部史上、
もっとも多い部員数の代でした。









とても活気があり、初心者が多い
ながらも、パワーある代でした。


この代のおかげで、管弦楽部は
学校の中でも、存在感あるクラブに
成長することができました。









この学年は、中等部から6年間続けた
のが5名います。

高等部からはじめたのが16名です。










ある意味、苦しかった作り上げたころの
クラブを唯一しっている代が、この
中等部から6年やってきた5人達でした。


だから、これからの代はある程度規模が
大きくなってからしか、知らない子たち
だけになります。






これも、時代の流れ・・・。
仕方のないことです


だからこそ、しっかり伝えて
いかねばなりません。












卒業式の中では、部長のYさん、
副部長のYさんの2名が、
学校長賞をいただきました。










5年連続の全国大会出場、初の国民文化祭出場
評価していただいての受賞でした。







管弦楽部が、学校を代表する
クラブに成長したことがわかる
ことであり、表彰される2人をみて、
誇りに思いました。










卒業式が終わった後、高1・2年や
中等部の生徒たちが先輩達を送る
ために、さくらぴあに集合していました。


中等部は本来休みなのですが、
こうやって、全員で送るのが、
管弦楽部の恒例になっています。








それぞれのパートの中で、
色紙を渡したり、
花を送ったり、
写真を取り合ったり

していました。












一緒に戦ってきた仲間どおし。


言葉はなくても、顔を見合ったら、
「あとはまかせたよ」の気持ちが
伝わったことでしょう。









10期のみんな、卒業おめでとう!

管弦楽部で得た仲間を大切に、自分の
思う道を思いっきり、力を込めて、
魂を込めて、歩いてください!

迷ったら、またクラブにおいで!