2013年4月24日水曜日

新体制スタート!


一応、先週でクラブとしての勧誘活動は終了しました。


とはいえ、まだまだ入部してもらいたいので、継続して
活動しています。

新入生のみなさん、まだまだ管弦楽部は新入部員を
募集しています。ぜひぜひ、合奏場まできてください。


本日、高校生を中心にパート決め
行いました。

それぞれ、思い通りのパートになった人、
ならなかった人、いろいろあると思いますが、
管弦楽部の一員として、歴史を作っていく
手助けをしてほしいと思います。






現在のところ、総勢67名


今年は中学生が多数入部してくれました。

10名。

中等部ではクラブ史上最多です。




私たちのクラブは、いつもいうように

発展途上です。


うまくいっていても、いつ何時元に
戻ってしまうか、
不安だらけの毎日です。





でも、本当に部員たちはたくましくなったと思います。


断られても、それでも、「来て、やってみよ~よ。」
声掛けをして、合奏場にやさしく連れてきていました。




顧問は・・・?
ただ、祈るのみでした(笑)

ただ、部員たちに「たのむぞたのむぞ」と
言い続けていただけ。

無力な男です。(笑)





指揮者としては、少数なら少数の曲を選んで演奏すれば
いいじゃないか・・・という気持ちもあります。


現に、このクラブが初めて全国大会に行ったときは、
32名だったですから・・・。


でも、やはりここまで伸ばしてきたものをさらにたくさんの
仲間と、共有したいという希望はあります。


入ってきてくれた部員を大切にして、その子たちの
充実度を高め、それを見てさらに入ろうと思ってくれる
人たちを増やしていこうと思います。



それはそうと・・・。

チャイコフスキーの交響曲第5番の
1番の難所。

第2楽章の練習に入りました。

まじで難敵です。これは厳しい。
まじで難しい。どうすべえか・・・。


頭をいろいろなところで悩ましている顧問でした・・・。