2017年6月29日木曜日

第7回 定期演奏会 レポート!




6月24日(土)

管弦楽部 第7回 定期演奏会 
当日のレポートです。












第Ⅰ部
 (1) 山陽女学園中等部高等部 校歌
 (2) 歌劇『エフゲニー・オネーギン』より「ポロネーズ」
 (3) 交響組曲「宇宙戦艦ヤマト」
 (4) リトルマーメイド・メドレー
 (5) 弦楽のための三楽章「トリプティーク」より「第1楽章」
 (6) テキーラ
 (7) 行進曲「威風堂々」第1番 ニ長調 作品39 

 第Ⅱ部
 (8) 交響曲第9番 ホ短調『新世界より』 作品95 全楽章
     第1楽章 Adagio - Allegro molto
     第2楽章 Largo
     第3楽章 Scherzo Molto vivace
     第4楽章 Allegro con fuoco 
  アンコール
     ハンガリー万歳
     ラデッキー行進曲






8:40にさくらぴあに集合し、
部長のMさんから、今日の流れと注意事項を
聴いて、顧問からも今日の心構えをつたえた
後、ホール内へ。





前日までは、本当に大変でした。

今年度は、昨年に比べて2倍近く
の時間を部員たちと一緒にすご
してきた・・・。








でも、なかなか今年はいける!って
いう闘志がわいてきませんでした。



今年は、技術的にはいいものがあるのに、
精神的に1つになれず、前向きになれず、
下向きの音楽に終始して、とてもOKまで
いかなかったのです。







それを、全員にずっと訴えかけて、
高3になんとか全員を前を向いて
演奏できるまでに怒鳴ったり、
なだめたり、さまざまやってきました。









そして、今日のリハーサル。





午前中、徹底して2部のバランス
練習、ソロ奏者との息遣い、
やっていくうちに
全く違う音が鳴り始めたのです。









よし!変わった!と。




昨日までの苦しくて、中途半端で
個人個人の音しか聞こえない
冷たい音楽はなくなって・・・






いつもの山女オケ独特の重低音が
効いた暖かなハーモニー。









1年、やってきたことは無駄
ではなかった。そう感じることができました。










16:00開演。




1部開始。

足元の悪い雨の中、900名のみなさんが
会場にきてくださいました。感謝です。








おなじみの校歌に始まり、



この代になってはじめて取り組んだ
チャイコフスキー作曲
「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ。



最初のトランペットが、全員に
勇気をくれました。




その後は
「宇宙戦艦ヤマト」組曲。
ディズニー枠は、今年は
「リトルマーメイド」メドレー。




広大附属の原先生の編曲。
いつもながら、すばらしい編曲。
いつもありがとうございます。




この曲では、女子校らしく
女声合唱にもチャレンジ。
すばらしい雰囲気が出せた!




そして、弦楽合奏では初の法人作品に
チャレンジしました。




芥川也寸志作曲
「弦楽のための3楽章」。



日本人作曲家独特の音が
非常に印象的でした。



それに・・・
弦パートだけでここまでの
演奏ができるようになった
ことに感慨深いものが
ありました。






そして、全体演出で「テキーラ」。
吹奏楽部ではよく演奏される名曲。






演出係長Mさんたちの発案で、
全員にテキーラの瓶を模した
紙をお客さんに配布し・・・










会場・部員全員で「テキーラ!」の
大合唱!!

会場全体が一体化し、大好評でした。








1部の最後は、
「威風堂々第1番」。

けんみん文化祭県大会最優秀賞を
いただいた思い出深い曲。







1番有名なフレーズの場所は
1年生が合唱で大活躍!!



そう!



この受賞で、この度、文化部の国体とも
いわれる「全国国民文化祭」に2度目の
選出をされることが内定しました!


10月には、奈良に遠征することに・・・。




新入生も大活躍した、今年らしい1部の
プログラムになりました。






Ⅱ部。


ついに、勝負のとき。


ドヴォルザーク作曲 「交響曲第9番」 全4楽章。

50分間の演奏でした。




山女オケ独特の曲想の理解も取り入れ、
感情豊かな演奏になったと思います。


練習がうそではないかと思うほど、天国に
いけるくらいの穏やかなサウンド・・・。





本来の伝わる演奏、熱い演奏は
実践できたと思います。




アンケートにも、「感動の名演奏」と。


やってきたことは間違いで
なかったと感じました。






あきらめずに、チャレンジしたことは
絶対無駄にはならない。

きっと、これからのクラブにプラスになる。

我々にもできるという自信になりました。
あきらめていたら、ここまでこれなかった
でしょう。



1部・2部の演奏が終わり、恒例の高3紹介。




とくに、部長のMさんには、
右腕として、顧問とずっと
一緒に戦ってくれました。










うまくいったときも、うまく
いかなかったときも、同じ時間を
すごしてきたからこそ、感動は
生まれるのかもしれません。









 そして・・・




アンコールは、「ハンガリー万歳」
とともに、
そう!「ラデッキー行進曲」

ヨハン・シュトラウスの名曲!







ここでも、会場のみなさんも手拍子で参加。
今年のテーマである「会場との一体化」。
なしうることができたと思います。






以上、2時間半にわたる
素晴らしい演奏会を
開催することができました。






本当にたくさんの方の手助けがあって、
ここまでこれたと思っています。
本当に感謝以外ありません









また、OGたちも戻ってきて、
裏方として演奏会を支えて
くれました。

2年前・1年前・現在の
部長 3人衆そろいました!








後輩の成長を目の前にして、
自分達もがんばらねばと想って
くれたことでしょう。









 
高3たち
クラブで得たことはきっと
役に立ちます。
そして、進路が決まったら
戻ってきてくださいね。







さあ、高2生。次は君たち
の番だ!

気合いいれてがんばろう!














お礼!第7回定期演奏会 盛会に終わる!







6月24日(土)、
山陽女学園管弦楽部は、
はつかいち文化ホール
さくらぴあ大ホールにおいて、
「第7回定期演奏会」
開催しました。






900名のお客様にご来場いただきました。
足元の悪い中、本当にありがとうございました。
皆様に、心から感謝申し上げます。






第1部では、ポップスやクラシックを楽しい演出も
加えてのプログラム。


第2部では、ドヴォルザーク「交響曲第9番」新世界より 
全曲演奏にチャレンジ。







2時間半にわたる定期演奏会は、
感動の嵐に包まれました。

近年になく、おちついた演奏で
みなさまから大好評でした。















この演奏会で高3生は引退し、
受験戦争に戦いを挑みますが、
管弦楽部での6年間・3年間の
体験で得たことを胸に、
がんばってくれることでしょう。











また、たくさんの広告掲載を
お寄せいただいた企業の皆様、
山女オケを応援してくださった
すべての皆様に感謝いたします。












部長と2人。
ほっとしたところ・・・。 長くも短くも苦労を共に
してきましたが、最後に
笑顔にすることができて
よかったです。






くわしいレポートは、後ほど・・・。








管弦楽部 部員一同

2017年6月23日金曜日

第7回定期演奏会 ついに明日!!





運命の定期演奏会!


山陽女学園管弦楽部
第7回 定期演奏会

6月24日(土)16:00~
はつかいち文化ホール
さくらぴあ











ついに明日になりました。

さくらぴあでリハーサル!
ぜひ、御来聴ください。







部員たちの覚悟とメッセージを
受け止めに来てください!!








高3たちの最後の晴れ舞台!
彼女たちの生きざまを、ぜひ
受け止めてあげてください!

2017年6月21日水曜日

定演3日前&パンフレット完成!






第7回定期演奏会パンフレット!
ついに完成しました!!!

表紙・裏表紙はカラー印刷!


そして、ページ数はなんと、32ページ!!









本当に部員ひとりひとりがお店に
かけあって、保護者のみなさんが
声を掛け合ってくださった結果、
ついに170件を超える協力業者
の方が集ってくださいました。






すばらしい体験をしてくれたと思います。
実際に、応援していただける方の顔を
見て、感謝する気持ちを持つ。




応援してくださる方がいるからこそ、
私たちは活動できるし、それに応える
ためには、必死に努力するしかない。





ここに、感謝を申し上げますと
ともに、郵送にて、皆様にお送り
します。








ぜひ、ご覧いただくとともに、
お時間ありましたら、ぜひ
さくらぴあまでご来場ください!

2017年6月17日土曜日

昼休みに定演の宣伝演奏をしました


今日の昼休み、定期演奏会の宣伝演奏をしました。
























たくさんの生徒が聴いてくれ、
手拍子で曲に参加してくれ
ました。











さまざまな困難や疲労で、部員も
疲れがたまっていると思います。








しかし、やるからには妥協
できない。

1度妥協したら、これからずっと
そういうゆるみが出てしまう。









みんなに参加してもらえた喜びを
元気に変えて・・・
みんなに聴いてもらう
覚悟を持って、最後までやりぬいて
ほしいと思います。










山陽女学園管弦楽部
第7回 定期演奏会

6月24日(土)16:00~
はつかいち文化ホールさくらぴあ



2017年6月15日木曜日

FMはつかいちに出演しました


6月13日(火)


FMはつかいちに出演させて
いただいて、定期演奏会の
宣伝をしてきました。











パーソナリティは、ピアニストの
藤本宏平さん。

参加したのは、私と部長のMさん、
実行委員長のHさん。










いろいろ話す中で、ご自分の
経験も交えながら、曲や音楽に
のぞむ気持ちや心意気を
話してくださいました。









練習も残すところあと10日。
はっきりいって焦っています。
時間がない。












でも、ラジオでも言ったのは、
「部員たちのがんばりを
待っています」











そう。ここまで来たら、一緒に
がんばってきた部員を信じて待つのみ!








どんな嵐が来ても、みんなが力を
合わせればきっと乗り越えられる。

どうぞ、みなさん
6月24日は、さくらぴあ大ホールへ!



2017年6月14日水曜日

アルパーク・LECTなどで演奏会!


6月4日(日)11:40~ アルパークにて演奏会


6月9日(金) 18:00~、19:00~ LECTにて演奏会







さまざまな商業施設にて
定期演奏会の宣伝演奏を
行いました。











最近オープンした大型商業
施設LECTでは初演奏!











どの会場でも、がんばれの
言葉や拍手をいただきました。

日々の練習でも怒りの連続。
決して楽な道ではありません。









でも、苦しいことをしたからこそ
聴いていただく方に胸を張って
私たちの音楽を聴いてくださいと
いえる資格があると思います。









そして、苦労したからこそ、その
気持ちが音楽に乗り移って表現が
できるのだと思います。











1回目より2回目。
2回目より3回目。
体験してこそ成長する。


顧問は、部員の変身を待っています!











2017年6月5日月曜日

山女オーケストラ体験に、20人の小学生来る!


6月3日(土)

広島県の小学生を対象に、
山陽女学園中等部が
開催している
【さんじょでチャレンジ!】










その中で、山女オーケストラ体験会
実施したところ、20人の小学生+
保護者のみなさまが来てくれました。











なかなかこういうふうに楽器に
触れる機会はないので貴重です
と、保護者の方に言っていただけ
ました。








中には、管弦楽部に入部したいので、
入学しようと思いますという方も!













部員たちも、かわいい~と
いいながらたのしく先生役を
こなしたようです。


多数の人が、管弦楽部の
定期演奏会にも行きますと
言っていただけました。














これから、1年間20人と有意義な
オーケストラ体験を重ねて、少し
でもオケに興味を持つ人が増えて
くれたら・・・と思います。