2016年9月30日金曜日

全国大会 録音中!


前期末完成テストが終了し、
全国大会に向けての
録音作業が続いています。











昨日だけで、4時間でテイク70・・・



少しでも、いいものを・・・・。
心残りのないものを・・・。





こういうことが勉強ともつながり、
あきらめない心に変わっていけば
うれしく思います。













10月頭は、主体学年である高2が
修学旅行のため、ハワイやシンガポール、
関東や北海道などに、出かけていきます。






その間、残った高1と中等部で、
あるプロジェクトを考えています。



これが成功すれば、また新たな
山女オケが体験できるのでは
ないかと、考えています。







部員達と緊張感を楽しみたいと思います。




2016年9月24日土曜日

中高オープンスクール 管弦楽部校内デビュー!



9月22日(祝)

山女オープンスクールが
行われました。








中等部オープンスクールには150人
高等部オープンスクールには500人


山陽女学園に訪れてくださいました。






この日は、管弦楽部の校内デビュー
でもあります。


また、今回は管弦楽部のアンサンブル
メンバーも活躍しました。








今、管弦楽部の中で仲間どおしで
セッションを組んで、少人数でアン
サンブルをすることがはやっています。




音楽が好き、仲間と同じ気持ちになる、
そういう意味では、こういう流れは歓迎
すべきだし、応援したいと思います。





今回、中等部のオープニングコンサートに
ヴァイオリンのTさん、Sさんの二人による
「2つのヴァイオリンによる協奏曲 第1楽章」。



高等部のオープニングコンサートには、
ヴァイオリンのSさん、チェロのM・Yさんの
3人による「welcome to the jungle」。









それぞれ披露して、大喝采でした。
いい勉強だし、こういう体験がさらにうまく
なりたいという気持ちを大きくするでしょう。






また、中学生や小学生への
クラブ体験。


いろいろなクラブが、体験を
募集しましたが、管弦楽部が
1番多かったです!!










中学生が40人。
そして小学生が15人。


管弦楽部に体験にきてくれました!










おかげで、部室は大入り満員!!















今までで最多人数の体験人数です。
少しずつ、山女オケの名前も浸透
してきたのでしょうか?












それぞれ自分の興味のある楽器を
体験してもらって、楽しそうでした。















そして、最後に行ったのは・・・


≪山女100人オケ≫です!!


参加してくれた人と、管弦楽部員、
総計100名全員で、
『宇宙戦艦ヤマト』を大合奏!!










吹奏楽部員の人も、オーケストラで演奏すると、
みんな感動して帰ってくれます。


≪吹奏楽とは、迫力が違う!≫って。





やはり、吹奏楽とは一味違う、
弦楽器のふくらみ・響きが、そう
思ってもらえるのだと思います。













楽しかった!!と言って、もう少し
体験させてほしいと延長した人も
いたほどでした。












そして、オープンスクールの
フィナーレで
管弦楽部の演奏。


校内デビューです。









チャイコフスキー作曲 「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ

エルガー作曲 「威風堂々 第一番」



の2曲。新体制になって取り組んできた曲です。




たくさんの観客のみなさんの中には、
前部長をはじめ、高3生の姿があり
ました。



やはり、どんな形でも先輩たちは後輩が
心配ですし、これがクラブのいい所ですね。






なにもできなかった後輩たちが、
自分たちで、一生懸命動き、
演奏している姿を見て、
自分たちも大学受験をがんばろうと
思ってほしいですね。











今回のクラブ体験で、山女オケの
仲間が増えてくれればいいなと
思います.


クラブのスカラシップもあります。
くわしくは・・・
顧問までご連絡ください。






また・・・

管弦楽部のみんなが、さらに成長して、
10月から始まる大会・本番へと挑戦して
いってほしいと思います。


2016年9月20日火曜日

中高オープンスクールで演奏します。クラブ体験に史上最高!!

 


9月22日(祝)に予定されている
山女の中高オープンスクール
大衆の影響が心配されましたが、
どうも大丈夫なようです。












管弦楽部のメンバーは、さまざまな
イベントにひっぱりだこの予定です。







こういうときに、メインにおいてもらえる
管弦楽部にまかせてもらえるように
なったことは、とてもうれしいことです!









中のオープンスクールの開会行事に
ヴァイオリンのTさん、Sさんが登場。
ヴァイオリン2重奏で歓迎します。






高のオープンスクールの開会行事に
ヴァイオリンのSさんと、チェロの
MさんとYさんの3人で、ツーチェロの
曲で保護者の方を歓迎します。







顧問も、このたび新しく山女に誕生する!


『ライセンスコース』の全貌を中学生の
みなさんに初の説明をします。
















また、今回すばらしいことに・・・



管弦楽部のクラブ体験を募集したところ、












中学生がなんと40名も部室を
訪れて来てくれる予定です。


史上最高数です。











小学生も10名体験にきて
くださる予定です。












募集して、ここまでたくさんの中学生に
選んでもらえてくれしいです。全部の
クラブで、1番多く訪れていただける。




楽しいですよ~。吹奏楽部の人も
オケの魅力、弦楽器と管楽器の
セッションの魅力をわかってもらえる
はずです。












こういうことで、少しでもオーケストラを
体験して、管弦楽部に興味を持って
いただければうれしいです。






また、12:15~12:30に管弦楽部
全員で演奏して、オープンスクールの
フィナーレを飾ります。














新体制での演奏を聴きに
来てください。


小学生・中学生のみなさん
山女オケに、いらっしゃ~い!!













2016年9月15日木曜日

早稲田中学校PTCで演奏会をさせていただきました

9月12日(月)



新体制になって、初行事の日が
やってきました。



早稲田中学校のPTC活動で、
中2~中3の生徒の皆さんと
保護者の皆さん、また地域の
皆さんなど・・・

300名ほどのお客様の前で
演奏してきました。






場所は、早稲田中学校体育館。


実は、お話をいただいたのは6月ごろ。


早稲田中学校には音楽系のクラブが
ないので、ぜひ、中学生に本物の
オーケストラの音をきかせたい・・・



考えられた保護者のお一人が・・・

クラブのHPを見られて、連絡を
くださったのがきっかけでした。










とはいえ、7月の山女オープン
スクールが終わると、新体制に
なる私たち山女オケ。










2カ月の準備期間で、高3の抜けた
穴をうめられるかどうか、不安でした。



実はその保護者の方は第6回定期演奏会に、
わざわざ来てくださいました。



そのうえで、ぜひお願いしたい!




その熱い気持ちにお答えするためにも・・・
山女オケの発展のためにも・・・



2カ月で1時間の演奏会をなしうる新体制にする
ことを目標に、部員・顧問で必死にがんばって
きました。














当日は、3時間目から公認欠課を
いただき、早稲田中学校へ、
大型バスで行きました。











リハーサル・セッティング・挨拶・・・。


はじめての外部での演奏会。
思いもしないハプニングも
ありましたが、みんな一生懸命
走り回っていました。







幹部たちも、しっかり声を張り上げていました。




13:30から、準備が終わり本番。


300名のお客様の前での演奏会が
始まりました。







15分間、顧問が学校紹介&紹介DVDを
みていただいたあと、管弦楽部の部員達
主催の演奏会がはじまりました。




今回の司会は、
演出係のSさん、Sさん、Aさん。


司会デビューです。







というより、このメンバーで
外部での演奏会デビューですが・・・。




新曲4曲を含めた、計7曲。
合計45~50分間にわたる
「新生 山女オケ演奏会」。



途中、楽器紹介や指揮者体験なども
加えて、顧問や司会のトークもあり、
一体感ある楽しい演奏会になりました。












指揮者体験では、一人の男子
中学生が勇気をもって、出て
くれました。












堂々とした指揮姿。


中学生も、山女オケのメンバーも、
笑顔笑顔。緊張していた全体が、
明るい雰囲気に包まれました。








無事に終了し!やれるだけのことはやりました。





校長先生・教頭先生はじめ、
保護者のみなさまも本当に
感動していただいたようで、
喜んでくださっていました。









本当に、よくやったと思います。
聴いてくださった方にも努力が
伝わったようです。




中学生のみなさんも、退場のとき、演奏した
宇宙戦艦ヤマトや、パイレーツオブカリビアン
などを、口ずさんでくださっていたようです。





失敗もありましたが、この早い時期
での1時間の演奏会を無事やり遂げた
この体験は、きっと大きな力につながると
思います。










9月22日(祝)に行われる、中高合同の
オープンスクールでは、演奏のほか、
小学生や中学生への体験クラブも行います。



山女オケに興味を持った方、ぜひ参加してください!!





また、山女オケでは演奏会などのご希望が
あれば、どちらにでもお伺いします。

「体験から学ぶ」管弦楽部だからこそ!!


ご連絡は、山陽女学園 顧問まで!

2016年9月3日土曜日

9月です!



新体制スタートから2か月が
すぎようとしています。





高校総文の全国大会や
クラブ合宿を通過して、
Mさん中心で動き始めた
管弦楽部も少しずつ、
さまになってきたでしょうか?










今日、いつも出しているのですが、
部員に手紙を出しました・・・。



この時期の目標をどこに持つかで
自分達の成長は変わります



定期演奏会を開き、2時間という
プログラムを作り上げ、来てくだ
さったお客様を感動させて帰って
もらえるためには何が必要か?










我々、50名のバンドが90名の
バンドに対抗する方法、それは
1人1人が倍の力・思いをこめて
演奏する以外に方法はありません。









もっとも大切なこと。

仲間を信じ、尊び、1つに
なること。

音楽もそれにより1つになって
くるはずです









そういったクラブで培った
負けじ魂や、時間の使い方が、
勉強にものすごく影響してくる
ことを伝えました。






危機感を持ち、目標を持って、常に
前進することを心がける。




そういった中で、他人の気持ちを
分かり合える集団になってほしい。






そんなクラブにしたい!
私の今の最大のメッセージであり
願いなのです。