2016年8月18日木曜日

今年度の部員達、そして全国大会候補曲は・・・


7月半ばに、高3生が引退し、
新体制となった山女オケ。



1か月の間、新部長のMさんのもと、
試行錯誤しながら、成長を続けて
います。




顧問の目標で、53名いる
部員全員の音を、夏休み中に
聴いて、部員全員と
話をしようというのを続けています。


(結構、1人20~30分なので大変・・・)










この中で気づかされるのは、
努力したことは必ず報われるということです。





新入部員たちの音は、5月ごろ
聴いたものとは全く違うものでした。


真っ白な部員達は、先輩や憧れの
人そっくりに成長していっています。








こんな発見を毎日しながら、今年は
本当にうまくいかなくても、なんとかしようと
する姿がよく見られています。


楽しみです。


そして・・・。



今年の全国大会候補曲です。


これは、定期演奏会のメインに
つながる選曲でもあるのです。








今年の高2達は、早くから交響曲全曲に
チャレンジしたいという希望をだしていました。


なやんだ末、だした結論は・・・。





ドヴォルザーク作曲

交響曲第9番 「新世界より」

に決定しました。



そう、第1回定期演奏会の
メインとして演奏した曲です。








しかし、そのときは1・2・4楽章しか
できなかったり、ファゴットやオーボエなどが
ない状態で演奏していました。


その「リベンジ」を、このメンバーたちと
やりたいと考えたのです。





今年は、楽器初心者の人が
たくさん入部してくれました。



その、新しい気持ちを持った人
たちと、新しい世界を広げたいと
思ったからです。











今年のイメージは「白」です。

なにもないところから、どんな色に
変わっていってくれるのか?


そういった意味で、今年はとても
楽しみです。