2016年2月17日水曜日

広島県高校合同オーケストラ 始動!


2月14日(日)


広島なぎさ高校に、広島県の5つの高校の
管弦楽部や弦楽部に所属している部員たちが
集まりました。



広島大学附属高校 管弦楽班
広島なぎさ高校 管弦楽部
安田女子高校 管弦楽部
ノートルダム清心女子高校 弦楽部
山陽女学園高等部 管弦楽部




今年度、全国高校総合文化祭の開催県が
広島県なのです。50年に1回の名誉なこと。






開催県なので、全国の高校生たちを迎える
のに加え、広島県の合同オーケストラを編成
して、合同演奏を実施するのですが、その
第1回目の練習がさっそく行われました。











昨年は、山女オケからは、
この全国総文メンバーに、
高2生を中心に参加して、
滋賀大会に遠征しました。














80名の大きな所帯での
遠征でした。



佳子さまにも出会えた
楽しく有意義な遠征でした。











今年は、7月から主体学年となってくる高1・中3の
部員を合同メンバーとして派遣することにしました。




5校あわせて、100名を超える大編成での
新生:広島県高校合同オーケストラ(ピース・オケ)
始動しました!


























大きな所帯で、いつもとは趣の違う曲を演奏したり、
はたまたバロックの古典なども演奏できたり、何より
他の学校の人と一緒に練習しあって刺激を受ける
ことは、本当にすばらしい体験であると思います。






定期演奏会に加えて、総文の練習を
しなければならない負担は非常に
大きいと思います。


でも・・・
その負担以上に得ることがたくさん
あります。







今年は、どんなドラマがあるのでしょうか・・・。





50年に1回の機会を与えてもらった
ことに感謝と感動を持って、チャレンジ
していってほしいと思います!!