2015年11月25日水曜日

JOCシティコンサート 盛大に! 素晴らしい体験!


JOCシティコンサート in 広島


日程 2015年11月22日(日)
    開場 17:00  開演 17:30


会場 はつかいち文化ホールさくらぴあ大ホール



リンクはこちら!
http://www.yamaha-mf.or.jp/joc/





JOCとは、ジュニア・オリジナル・コンサートの略。


小中学生は自分の感性で作った曲を、いろいろな
セッションの形で演奏して発表するコンサート!


中国地方の小中学生たちが、リハーサルから
本当に熱のこもった演奏を聞かせてくれました。





今回、この【JOCシティコンサート】
山女オケが共演団体として、出演
させていただきました。



共演した曲はこちら!!







8番  「僕らの世界航海」 

   (エレクトーン)梶原蓮人くん(小5)
          +山女パーカッションパート3人 

13番 「星空」 

   (ピアノ)佐々木彩乃さん(中2)+山女オケ







梶原君とは、広島市内のヤマハの
練習場で、2回にわたり、パーカッ
ションの部長Mさん、副部長Tさん、
Fさんと練習しました。




エレクトーンとパーカッションの
セッション。







簡単そうで、これが本当に難しい。
部員にとっても、異次元の世界でした。





本番はステキなセッションでした。


失敗できない、いつでも練習できる
相手がいることのすばらしさを痛感
したでしょう。










佐々木さんとは、3回にわたり山陽女学園
まで来てもらって、オケとコンチェルトを
してきました。


最初は、奏者どおしの気持ちはもちろん、
イメージ・テンポすべてにおいて不統一で
試行錯誤してきました。







3日間の集中した練習の中で、
とても変化が見られました。


オケのメンバーだけでなく、佐々木さんも
自分なりの演奏への想いや演奏法を
確立し始めました。









本番は、とてもさわやかで、表現力
いっぱいの演奏になりました。


コンミスのTさんも、サブコンのSさんも、
しっかりと佐々木さんを見て、
オケをドライブしてくれるまでに
短期間で成長してくれました。








ソロ奏者たちも、緊張感いっぱいの中、
いろいろな制約の中・・・


山女らしい表現と、きれいな音質を
精一杯追及してくれました。











今回のコンサートをやって感じた事。


それは、同世代の音楽をするメンバーが
1度リンクしはじめたら、すごいスピードで
覚醒していくという力でした。










また、私はいつも管弦楽部のメンバー
には、普段自分を出せなかったとしても、
楽器を使って自分を出せるようにしようと
言っています。



その力は、きっと生きる力になって、
その人の人生に必ず役に立つと
信じているからです。










それを、今回のJOCに出演した人たちは、
自分で作り、練習し、演奏してみせた。



これは、素晴らしい体験だと思いました。






同世代の人たちが、ここまで自分を
律して、やり遂げた瞬間に立ち会えた。


かつ、一緒に作り上げることができた。

この体験は、きっと山女オケの
メンバーにも刺激になったことでしょう。






ヤマハより感謝状をいただきました。




大変ではありましたが、こんな貴重で
緊張感ある瞬間を体験させていただ
ける機会をいただけたのですから・・・


こちらこそ大感謝です!







佐々木さんとは、最後に定期演奏会
での再演を約束して分かれました。


佐々木さんのこれまでの練習に感心
しましたし、さらにステキな音楽を
奏でてほしいと思います。









来週・12月には、3回の
クリスマスコンサート。



1月には、全国大会のため
東京遠征。








きっと、自分達の力は無限であることを、
証明してくれることでしょう。




今回のJOCコンサートの模様は、
広島ホームテレビさんより放映
されます。




12月19日(土)

11:15~11:45に放映予定


お楽しみに!!