2015年5月31日日曜日

定演1か月前。行動無き者に成果なし!




 
明日から、ついに6月になります。
定期演奏会が開かれる月になります。




今年度は、ここまで本当に濃密な1年を
送ってきました。











そんな代も、あと1か月で最終章を迎えようとしています。
闇のような合宿の時の不安から12か月・・・。
年月の経つのは早いなあと本当に思います。










せっかく思いを理解してくれる人材になって
くれたと思ったら、もう「代替わり」。


むなしくなったりします。










でも、だからこそどこまで、部員が変身して、
どこまで伝わる演奏ができるのか、
やれるところまでやってみたいと思わせてくれます。






今日の練習、わたしにとってはかなり濃密でした。


午前中10:00~12:30

1部の曲をすべて合奏。
あえて、2時間半全く休憩なしで練習しました。




そう、2時間半というのは、定期演奏会の
最初から最後までの長さです。




この時間内、緊張がずっと継続できる
スタミナと精神力をつけなければならない。




また、高1・中1は、少しでも多くの人が、
1部の舞台に乗って、山女オケの
サウンドの一員として、体験してほしい。



その想いを伝えたくて合奏し続けました。







午後は、13:30~16:00.

交響曲第8番の全楽章を合奏。


40分間のシンフォニー。




1日まったく休みなしで合奏。


かなりの重労働・・・。

でも、自分ができるだけやれることをやりたいと
思います。




これから練習も厳しくなります。


しかも、今日最後にはじめて連続で
全楽章を通しましたが・・・

やはりまだまだ自分達の音楽では
ないし、できていないところ多数・・・。





でも、相手が大きければ大きいほど燃えてほしい。
超えた時の感動は、より一層大きいでしょうから。









今日は、この一言にすべてを込めました。


「行動無き者に 成果なし」









そう。やった分だけ、苦しんだ分だけしか、成果や
成功はありえない。


楽をしたら、それだけのものしか得られない。






伝わったでしょうか?


わかりません。

でも、山女オケは止まるわけには
いかないのです。










きっと、彼女達が生きていくうえで大切な
ものを渡してあげられる。そう信じます。


いつか、部員達にもわかってもらえる。
そのことを信じて・・・。










アルパーク演奏会行いました

7月14日(土) アルパークでの演奏会を 行いました。 この演奏行事で、高3生は 受験のための休部になります。 でも・・・ 卒業するまでは管弦楽部員。 入試にもその気持ちで挑戦して ほしいですし、後輩たちが...