2015年5月6日水曜日

フラワーフェスティバルに出演しました


5月4日。


毎年、管弦楽部が広島最大のお祭り、
広島フラワーフェスティバルに出演する
日です。







過去、8年連続で、管弦楽部はオーケストラ部と
言っていた時から、フラワーフェスティバルには
出演してきましたが、不思議と、雨での中止を
したことはありません。






それが、今年は、天気予報でも完全に雨!
しかも、4日のみ雨の予報!


これは、無理だなという感じでした。
(現に、お断りの電話がかなりあった
ようです。)







楽器は、弦楽器はもちろん、管楽器・打楽器
ともに、非常に繊細です。
雨に濡れてしまうと、たいへんな損害になりますし、
調整もおかしくなってしまいます。






でも心配をよそに、4日当日。
12時には、今までの雨が不思議と
上がりました。


前日まで、てるてる坊主を作って
祈ってくれた部員たちのおかげですね。







 

本番は12時。

 
その少し前からは、中1・高1で
定期演奏会のチラシ配りを
がんばってくれました。



 





OGも続々と来てくれていました。


今年卒部した子達はもちろん、
2年前、1番古いのでは4年前の
子達もいました。


 






こういったときに、クラブの成長を感じますし、
うれしく思います。また、帰ってきてくれる場に
このフラワーフェスティバルはなっているようです。







本番では、4曲。30分にわたって
演奏しました。

 
高1の経験者も加えた、新しい体制での
デビュー演奏となりました。

 





 
本番中は、たくさんのお客様が聞いてくださり、
大きな拍手をいただきました。

 
あるお客様からは、「感動しました。」と、
わざわざ握手までしていただきました。

 


また、私のところに直接定期演奏会の
ちらしを取りに来られ、こうおっしゃった
お客様も・・・


「はじめて聞かせてもらったが感動しました。
必ず、定期演奏会にいかせてもらいます。」


 





 
また、あるOGからは、「演奏を聴いて、本当にうまくなっていてびっくりしました。
自分もがんばらないと!って、思わされました!」という言葉ももらいました。






今回は、演奏する人も演奏しない人も
全員で舞台を作りました。
 

出演する人もしない人も、
大切な仲間であり、管弦楽部の一員で
あることを認識しあうためです。







クラブは前進します。




 
次は、ついに定期演奏会
60名全員、全力で取り組んで、
悔いのない最高の演奏をしたいと
思います。

 
2ヶ月、猛特訓が待っています。
みんなで突き進もう!