2014年12月2日火曜日

ウィーン・ヴィルトゥオーゼンとの協演画像 公開!


12月になりました。早いものですね。


ウィーン・ヴィルトゥオーゼンのみなさんと
一緒に練習できてから、もう1か月が
たちました。


天国のようなサウンド・
子供たちを見る優しい眼差し。







本当に感動しましたし、この体験によって
部員達が変化したことが、最近実感できます。





「音楽っていいな」

「音楽によって、人の気持ちを変えることができる」





これをわかってもらえたことが、
顧問にとって、どれだけ大きいことか!


こういう機会をいただき、
本当に感謝です。






この模様をふれあいチャンネルさんが
取材してくださり、放映してくださいました。



今回、これを全員に見てもらいたいと思い、
ふれあいチャンネルさんにお願いして、
リンクを張っていただくことにしました。




ぜひ、みなさん、感動の模様をご覧ください。
今、見ても感動の演奏がよみがえります。

(部員の涙、本物の感動の涙をご覧ください。)


→下の部分をクリック!
https://www.youtube.com/watch?v=nFXLa34iF2A






けんみん文化祭での優秀賞受賞や、
練習の中から、部員達は少しずつ
成長しています。


ただ、最近【当たり前の精神】が蔓延
してきていたので、再確認する期間を
とりました。







合奏室があり、弦部室があり、パート練習に
講義室を使わせてもらっている。



楽器も、学校からの援助をいただいてオーケストラ
編成が組めるまでになった。


レッスンの先生方も、楽器ごとにいてくださり、
月2~4回のペースで、個人・集団レッスンを
してもらえる体制ができつつある。





これらのことは、決して当たり前ではない。




うまくなりたいと努力するみんなの
ために、協力・応援してくれる人の
おかげです。


ここまでの体制になるために、
何もないところから努力してくれた
先輩たちのおかげです。







決して、当り前ではなく、これが当たり前に
なって慢心が出たら、いつの間にか応援
してもらえないクラブになり、すべてがなく
なってしまう。




管弦楽部だから使ってもらう。
管弦楽部だから応援する。



そういうクラブ・人間になるために、音楽を
一生懸命やっている。音楽だけではなく、
人間形成・他人理解のためにやっている。




これがわからないと、いい音楽なんて演奏
できっこないんです。






今週から、再スタートをきります。


きっと、部員たちはわかってくれているはず。

風化させてはいけないことがあることを。。。









アルパーク演奏会行いました

7月14日(土) アルパークでの演奏会を 行いました。 この演奏行事で、高3生は 受験のための休部になります。 でも・・・ 卒業するまでは管弦楽部員。 入試にもその気持ちで挑戦して ほしいですし、後輩たちが...