2014年11月7日金曜日

夢の時間 ~ウィーン・ヴィルトゥオーゼンの皆さんとの協演~「特集版2」


ウィーン・ヴィルトゥオーゼンの皆さんとの協演から
5日間が経ちました。





あの感激は、いまだ部員達にも顧問にも
残っています。


みなさんからも、励ましの言葉や感動した
という言葉が、学校や顧問に寄せられて
います。






文化祭も11月3日に行われましたが、
13:30~14:10の管弦楽部の発表
時間のときには、校舎中満員のお客様に
なりました。





ウィーンフィルの団員の皆さんの前で
発表したコッペリアは、観客のみなさん
からも好評。


やはり、なにか違うエッセンスがあるようで、
また部員も認められた自信があるようで・・・。







文化祭が終わっても止まるわけにいきません。






8日に、広島市文化交流会館にて
行われる広島県高校総合文化祭の
演奏練習のため、講堂練習を
2日間続けて行いました。



まだまだ甘いところがありますが、ウィーンフィルから
教えられた言葉を、なんとか形にしようとしています。






「1つの大きなチームだという意識」

「音楽の喜びを表情や身体全体で表して
表現する」


基本はもちろんですが、山女オケの1番の
特徴を再認識させてもらいました。





大切に、音楽を奏でられるチームにしていきたいと
思います。







1日の模様を、西広島タイムスさんが
掲載してくださいました。



部長のHさんの言葉もあります。












また、7日にはふれあいチャンネルで,
この日の模様を放映してくださいます。


18:15~
20:00~
21:15~


ぜひ、ごらんください。








今週末も行事です!


8日(土) 広島県高校総合文化祭

   17:45~  広島市文化交流会館


16日(日) けんみん文化祭ひろしま

  
  10:30~   府中市文化センター