2014年8月24日日曜日

9月に向けて


新体制スタートが7月14日から。


Hさん中心で動き始めた管弦楽部も
少しずつ今年らしさが見えてきている
ように感じます。




今までのように顧問も最初から何もかも
しようと思わなくなっています。






今年の幹部たちは、自分を持っている
人達が多い。


やるべきことはやる。あとは、自分達が
思っていることを、下級生たちにどこまで伝えて
ついてきてもらえる風潮に持っていくか!







定演も4回やってきて、地力がついてきている
はず。それぞれのパートの技量や譜読みの力も
上がってきています。




「自分達でここまでやった。
あとは先生、お願いします。」






こういった、今までとはまた違った
もう一段上の顧問と部員の関係
なっていきたい。


そんなふうに考えたりしています。







9月には
6日 けんみん文化祭 審査録画
7日 アルパーク演奏


新体制での外部での初演奏に
なります。




ここで、しっかりした演奏を聴いてもらえる
ように、技量はもちろん意識や姿勢を作って
いきたいと思っています。


これから行われていく演奏行事1つ1つを
活かして、成長させていきたい。






そこから期末試験のため2週間
練習ができません。




続いて
23日 中高OS演奏


そして、
28日には東京を決める全国候補曲
の録音があります。




今年、東京に行けたら6年連続になります。

先輩たちがやってきたことを、自分達の年で
止めるわけにいかない。



自分達だけでやっているわけではない。
先輩達の気持ちもずっとクラブの中には
宿っているのです。





その候補曲、交響曲第8番第4楽章
まだ、全く合わせていませんが(涙)


私のところには毎日
「先生、CDを貸してください」
と、各パートそれぞれが言いに来ます。






やれるところまで、自分達でやってみろ!


手を差し伸べたいところですが・・・。
がんばれ!