2014年1月29日水曜日

パートリーダーたちと、超大作への思い!


今日、パートリーダーを集めて、ミーティングを
もちました。


定期演奏会まで、あと5ヶ月。


ポップス・クラシック・・・。

幅広いプログラム・・・。



合計2時間演奏し続ける!



これらの曲をどのようにしあげていくか。
頭の痛いところです。




終了後、インペクのKさんが近づいてきて・・・


「1楽章なんですけど、CDを聴いても、いまいち
つかめないし、よくわからない。譜面を見て
いても、どのように練習していいか、本当に
わからないんです。」






悲しそうに、訴えてきました。


もっともだと思います。




「シンフォニーを全部やる」という時点で、
中高生にとっては重過ぎる荷物を背負うと
いうことなので。。。

今回の、ショスタコ5番でも、1~4楽章
あわせたら、55!


超大作です。






演奏技術はもちろんですが、スコアリーディング、
弦と管とのメロディの組み合わせ・・・




プロや大学生でも苦しむ交響曲(シンフォニー)です。



「なんでこんな苦労を???」と思いながら、
私達を支えてくれているのは、やりきった後に残る
「心の財産」を信じる気持ちだけです。





あきらめない。
やりきった姿を聴衆のみなさんに
聴いて貰う、見てもらう。


この達成感や苦労をともにした仲間との
関係は、自分達が生きていく中で、きっと
大きな財産になると信じるからです。







その後、金管の子達を集め、CDを聞きながら、指揮を
振り、全員で出方や吹き方、イメージをチェックし、一緒
に歌いながら譜面を見ていきました。



「少しわかりました。つかめたかな・・・。」



こうやって、少しほっとしたKさんの顔を見れた
ことが、、、ちょっと、安心したかな・・・。




今日は、ほかのセクションにも同じ形で、
1つ1つを理解させながら進めるつもりです。




本当に頭がいたいです。間に合うか?

この素人軍団を率いて、この大曲の
ほかにも、数多くの曲を完成する
ことができるのか・・・?


本当に苦しいし、悩み悩みの毎日。
きっと、ストレスはものすごいでしょうね。(笑)









でも、私が信じなければ、誰がみんなを
信じるのか?


部員達と一緒にのたうち回りながら、
一緒にゴールテープを切ること。







そこを考えながら、部員たちとともに戦って
いきたいと思います。