2013年9月1日日曜日

OSで新たな試みをしてみます


9月になりました。

昨日、はじめてショスタコヴィチを合奏しました。


新体制のVn軍団

確かに、いい曲であり、激しい起伏のある
音楽なのですが、音の幅が広く苦戦しそう
です・・・。


その中でも、弦楽器と金管楽器が
要求される個人の力が、ものすごく
大きい!




昨年以上に、個人の技量が高くないと、料理
できない曲です。


この壁をしっかり乗り越えてくれると信じて
いますが、そのためには全員で切磋琢磨
する戦う集団にならねばなりません。

成長する姿をみせてほしいものです。




さて、9月7日(土)は高等部オープンスクールが
あります。


この舞台は、今年の私達にとって大きなものがあります。


前回の高OS

まずは、新体制になってはじめて
観客のみなさんの前で演奏する
いうことです。


前回のOSでは、高3の力を借り
ましたが、今回はこの代の
デビュー戦になります。






部訓です
曲も、新体制初披露です。


ハチャトリアン作曲 組曲「仮面舞踏会」

おなじみ、淺田真央さんがショートプログラムで
使った曲です。


ジョン・ウィリアムズ作曲 「サウンドトラック・ハイライト」

ハリーポッターなど、名曲をメドレーにしています。





いずれも、ショスタコーヴィチとともに、今年取り組んで
いく曲です。

まだまだ、未完成ですが、今の段階でのベスト状態に
持っていけるように、来週さらに取り組んでいくつもりです。



それに加え、今回のOSでは、新しい試みを・・・。

管弦楽部に見学にきてくれた中学生と
一緒に「メモリー」を練習・合奏して、
舞台で発表しようという計画を立てています。



一緒に戦う仲間、募集中!

こういった経験で、オーケストラに興味を持ち、
音楽を作り上げる喜びを感じてもらって、
一緒に難曲に挑んでくれる仲間が少しでも
増えてくれればと、思っています。


まだ、申込OKですので、興味のあるかたは
ぜひご連絡ください!