2013年8月24日土曜日

9月の本番にむけて

山陽女学園では、夏休みが終わり、通常の
授業になっています。


合宿のときのFg

耐震工事も、本格的な工事は一段落して
全く使えなかった校舎も、いつもどおりの
姿になっています。


今、管弦楽部は9月に行われる本番にむけて
一生懸命練習に励んでいます。






合宿のときのVo

9月7日(土)は、高等部のオープンスクール、

9月22日(日)は、世羅文化センターで、
けんみん文化祭ひろしま

の演奏があります。






また、9月末までに、全国大会の曲に予定
している、ショスタコーヴィチ「交響曲第5番」
より第4楽章も、審査録音しなければいけません。





合宿のときの合奏
 なかなかすすむのが遅い状態ですが、今日の
合奏では、久々に熱くなりました。

指揮者が、何度も言って、それでも変わらなくて、
そのうち指揮者があきらめてしまう・・・

これは絶対、やってはいけないこと。
部員にも、全員でやることの大切さを説いています。





でもやはりクラシックの名曲って魅力ありますね。


まだ、練習やりはじめたばかりの状態であっても、
演奏したら、なんともいえない和音が響きます。


何年も演奏され続けるだけの魅力が、
名曲といわれる曲にはあります。



1人たたずむ顧問を呼びにいく!

全員が、1つ1つの音に責任を
持ち、軽い音ではなく、1つ1つの
音に重みを持って、演奏できる
集団にすることが、今の目標です。









今日の合奏でも、それが感じれる
まで、やり続けました。


全員の力を結集して、
名曲に山女の魅力をプラスして、
熱い曲にしたいものです。