2013年1月30日水曜日

講師の先生方から山女オケへの講評


今日、連盟事務局から、全国大会のときの
演奏について、指導講師の先生方からの
講評が届きました。


いつもは、4名程度の先生方からの講評
なのですが、順番が、トリの前というのもあり、
6名の先生からの講評がいただけました。





どの先生方も、各楽器の奏者・作曲家など
著名な先生方ばかり。

音大・芸大の教授陣の方に聞いていただ
いての講評は、本当にこの大会に出れ
たからこそいただけるものと、ありがたく
思っています。





内容は、すべてではありませんが、まとめると次のように
なるかと思います。


①色彩豊か。説得力・意欲がある演奏で表現力がすばらしい。


②各パートが力みすぎ。まとまり・バランスを全員が重視すれば
 もっとよくなる。


③みんなよく演奏している。テンポ設定もすばらしく、演奏者と
 指揮者が一体になっている。シンバルすばらしい。


④体で音楽を感じて演奏することはとても大切。全員の気持ちが
 1つになっている。しかし、動かすのはアナリーゼをもっと感じる
 ことが重要。あと、弦がおじぎするように前かがみになりすぎると
 弓の圧力が弦につたわりにくく、音色をコントロールしにくいから
 動かして感じることと、曲のフレーズを大事にすることの両方を
 求めてほしい。


情熱的な音楽性がこのバンドの魅力。このような演奏を大切に
 して、ますます発展してほしい。



ありがたいことですね。
ただがんばれだけでなく、具体的に勉強できることを書いてくださる。


たしかに、弦が前かがみになりすぎる・・・
というのはあるがなぜだめなのか?
というのは、なかなか教えてもらえません。

そのとおりだと思います。

ぜひ、これからの指導に取り入れて
いきたいと思います。



ただ、このような先生方にも、山女オケの最も大切にしている
部分を気づいていただけて、それを評価してもらえたことに
対し、感謝するとともに、これらの意見を素直に見直し、
さらに上を目指せる集団になってほしいと思います。



追伸:HPには上げていますが、you tubeにもあげてもらいました。
   よかったら、演奏をご覧ください。
   (全曲版です。TPのUさんのお母様からご提供いただきました。)

http://www.youtube.com/watch?v=EEC_qW7GKqo&feature=youtu.be