2012年4月4日水曜日

広大附属中高校管弦楽班と合同練習! PART1

本日、管弦楽部は、念願であった
広島大学附属中高校管弦楽班との
合同練習を実現することができました。

校舎にはサクラが・・・

ともに、広島県代表として、
全国高校選抜オーケストラフェスタにも出場し、
東京では、交流会などもして、知り合っていた両校
ですが、広島では一緒に行動することもなく、
やってきました。

顧問の原先生にはお世話になりっぱなしで、
以前にもブログで報告しましたが、6月24日に
予定している、第2回定期演奏会でも、
原先生に編曲していただいた曲を
演奏することになっています。





原先生とは、食事を何度かともにして、いろいろ話し合い、
「いつかは、合同練習しましょうね。」
とお話していましたが、なかなか実現できませんでした。

しかし、今回、生徒の中からも実現を希望する声が出て、
ついに本日実現できました!

両校合わせて110名のオケ!感動!

2校そろって、110名のオーケストラの誕生です!

110名のオーケストラを指揮した印象は・・・。
そりゃ、
「最高です!」





2校の生徒が一緒に移動!


原先生とも話したのですが、
やはり、いいですね。
音楽っていいなと思いました。

全く知らない人たちが集まって、
1つの音楽をして、
知らず知らずのうちに1つになっていき、
まとまってくる。
すばらしいですね。





しかも、すごいのは、指揮者によって、やはり変わるんですね。
私が振るのと、原先生が振るのと、音楽が変わるのです。
いつも全く違う練習をしているはずなのに、そろっていくんですね。


生徒達もとてもいい顔をしていました。
新しい体験・新しい音・新しい響き・・・。
いつも体験したことのない、弦の重い響き。
大人数だからこその迫力。
「数は力なり。」を実体験できたからでしょう。
この気持ちを、持って、新入部員獲得作戦や
定期演奏会に、さらに気持ちを高揚させて
ほしいものですね。


打楽器側より!

明日、部員達に詳しい感想を聞き、
もっとくわしい中身をレポートし、
アップしたいと思います!

写真も、副顧問のY先生が一眼レフで
撮った写真を明日アップします。
(Y先生は、管弦楽部の活動を撮るために、
一眼レフを購入しました!)

  

お楽しみに!

いやあ、ほんとに広大附属のみなさん、
ありがとうございました。