2012年1月18日水曜日

幹部紹介

第7代幹部 ただいま受験中!

私達のクラブには幹部とよばれる、クラブ運営の
中心となる生徒達がいます。

・部長
・副部長
・コンサートミストレス
・インスペクター
・定期演奏会実行委員長



高3生は、6月末の定期演奏会ののち、7月で
代替わりします。このときに、高3生の意見や
考えを聞いたあと、顧問が最終決定し発表します。


第8代幹部 現在修行中!

第8代の幹部たちです。高2生です。
幹部になって、半年がすぎました。最初は、言葉も
しっかり言えなかった彼女たちですが、今は顧問の
右腕となって、バリバリ働いてくれています。

今は、全国大会を終え、定期演奏会の成功と、
下級生達の指導のため、自分達のマネージメント
能力を高めるため、さまざまな経験をしています。

クラブの運転をするのは、彼女たちといっても
過言ではありません。



もちろん、幹部だけではクラブ運営はできません。
その下にいる、他の高2生や下級生達の協力が
あって、成り立つのです。


でも、クラブをやっていて「いいなあ」と思うことは、
後輩が先輩を「あこがれ」るのですね!「慕う」のです。

これは、本当にクラブをやっていて素晴らしいと思う
ことです。

同学年など、狭い範囲のおつきあいしか
なかなかできない昨今、6年の年齢差がある中で
はげましあい、話し合い、1つのものを完成していく。
これは、何にも変えられないすばらしい経験だと思います。


今は、定期演奏会に向けて曲を決めるために、
いろいろな曲にチャレンジしている段階です。
難しい曲ばかりです。
しかし、簡単にあきらめるわけにはいきません。

幹部たちを中心に、「やればできる」を実践してほしい。
顧問は願い、見つめています。