2011年12月3日土曜日

広響 伊藤先生 2回目レッスン!

本日、広島交響楽団のチェロ奏者 伊藤先生の
2回目のレッスンが行われました。

前回1回のみのお約束だったのですが、うれしいことに
部員達の目の必死さに感動してくださり、再来部して
くださることになったのです!

たしかに、顧問が管楽器出身なので、弦楽器奏者としては、
またとないチャンス!必死に何かを得たいという目になる
のは必然かもしれません(笑)

でも、部員達が伊藤さんを動かしてくれたとすれば、こんなに
うれしいことはありません。

 今日は、弦合奏を1時間、全体合奏を1時間
していただきました。
特に、弦合奏を見学しましたが、やはり、
ボーイングや手の使い方の
指導は、非常に参考になりました。




 

熱心な指導!
 

どうしても、うちの部は弦楽器が少ないので
強めに演奏させてしまうのですが、
力むのではなく、弓の位置や右手の使い方で
変化するのがよくわかりました。







目に見えて、弦楽器の音が響くのがわかりました。
全体合奏でも、リズムが全て早取りしてしまう
バンドのクセを注意してくださいました。

本当に、自ら弾いて指導してくださるので、生徒達もそれに乗って
演奏するので、飲み込みが早いのです。

あと、私にもアドバイスが。カルメンは組曲なので、それぞれの楽章の
テンポをしっかり練って、それぞれの楽章の色を作って色彩豊かに
音楽を活かすということでした。
そのとおりだと思いました。テンポやリズムをもう一度見直して、一層
いい指導者になれるように努力していこうと思います。
部員達も、いい緊張感の中で演奏できてすばらしい体験ができているなと
思います。目が輝いていました!


伊藤先生から最後のプレゼントが!
「ここまできたら、全国大会までサポートしたい。
目に見えてよくなっているのがわかる。
もう一度来ます!」
と、再度のレッスンを確約してくださいました。
本当に感謝です!伊藤先生、よろしくお願いします!