2011年11月15日火曜日

広響の伊藤哲次さんが来部!

みなさん、はじめまして。
このブログでは、山陽女学園中等部・高等部管弦楽部の
練習やそのときの出来事を顧問が、ざっくばらんに綴っていこうと思います。
ときには、部員の声も登場させてみようと思っています!
どうぞご期待くださいね!

伊藤さん、合奏前の指導
今日は、とてもうれしいことがありました。
管弦楽部にすばらしいお客様が!
広島交響楽団チェロ奏者の伊藤哲次さんです。

ひょんなことから、練習を見に来てくださることになり、
私も部員達もドキドキ・ワクワク。
どんな3時間になるのか・・・。



伊藤さんとは、本校の芸術鑑賞のときに、広島交響楽団に来ていただいたのがきっかけです。
そのときに、クラブのチェロで演奏してくださったことがあり、顧問と意気投合。
今回のレッスンの実現となったんです!


低弦パート練習中


  伊藤さんは、厳しく明るくざっくばらんに、さすがプロ!というべきヒントをいろいろ指摘してくださいましたよ。な、なんと、部員と一緒に弾きながらアドバイス!
幸せな部員達・・・!




顧問もとてもたくさんのヒントを得ることができました。
とくに、ボーイング(弓の動かし方)には明快な指導。
そして、ピアノの音量を生かした緊張感ある音楽作り。
いやあ、楽しかったですね。

最後に、伊藤さんから「部員のみんなは素直だし、また教えたくなった。
全国大会までお手伝いしますよ!」と、すばらしい言葉が。
来月も来て下さることが決定しました。

そして、「いいバンド、一生懸命だし、このバンド独特のなにかがありますね!」
顧問としてこれほど嬉しい言葉はないですね。

プロのすばらしい技術を目の当たりにして、さらに前進してくれることでしょう。
伊藤さん、本日はありがとうございました!

伊藤さんと記念撮影